【5分でできる】ConoHa WINGのブログが遅いときにする高速化設定!

ConoHaWINGは日本最速のレンタルサーバーです。

サーバー移行するだけでサイトの表示速度が3~4秒速くなることがよくあります。

私もメインサイト(このサイト)を最近エックスサーバーからConoHaWINGへ移行し、ほとんどのページで4秒ほど速くなりました。

ConoHa WINGのサイトの表示速度ConoHa WINGの移行実践!4秒以上高速化!

やってみたConoHaWINGで5分で設定できる高速化設定を解説します。

簡単にできる設定なのでぜひ実践してみて下さい!

 

当サイトのページ速度(Page Speed Insight)

(スマホ表示)

sitespeed-sp

 

(PC表示)

sitespeed-pc

 

ConoHaWING高速化設定手順

行う設定は以下の2つです。

・コンテンツキャッシュの利用

・ブラウザキャッシュの利用

 

キャッシュとは、ページを訪れた時にユーザーの端末側に保存されるデータです。

コンテンツキャッシュはデバイスのハード、ブラウザキャッシュはブラウザ上に保存されています。

これらのキャッシュを活用することで、同じページを2回訪れたユーザーには前もって保存してあるデータを表示します。

何度もデータ通信する必要がなくなるので、Web表示の高速化になります。

このキャッシュの設定、ConoHaWINGでは簡単に設定することができます。

 

まずはConoHaWINGコントロールパネルにログイン

まずはConoHaWINGコントロールパネルにログインしてください。

まだConoHa WINGを使っていない方はConoHaWING公式サイトからログインできます。

すでにエックスサーバーなど他のレンタルサーバーでブログ運営している方もいるかと思います。

ConoHaWINGへの乗り換えは結構簡単にできます。

conoha-icon2png【2時間作成】ConoHaWING(コノハウィング)のブログ始め方を丁寧に解説

コンテンツキャッシュの有効化

ConoHaWINGコントロールパネルはこんな感じです。

ConoHa WINGのダッシュボード このはモード

ちなみに、このはちゃんが壁紙になる「このはモード」にしています。

「サイト管理」を選択します。

ConoHa WINGのダッシュボード 応用設定

複数サイトを登録している方は、サイトが合っているか確認しましょう。

右の方の「応用設定」を選択します。

ConoHa WINGのダッシュボード コンテンツキャッシュの設定

「コンテンツキャッシュ」を選択します

デフォルトでは「OFF」になっていますので、これを「ON」にすればOKです。

ConoHa WINGのダッシュボード コンテンツキャッシュの利用ON

ブラウザキャッシュの有効化

コンテンツキャッシュとやり方は同じです。

「コンテンツキャッシュ」の下の「ブラウザキャッシュ」を選択します。

ここもデフォルトで「OFF」になっていますので「ON」にすればOKです。

ConoHa WINGのダッシュボード ブラウザキャッシュの設定

 

ConoHa WING管理画面で簡単にできる高速化設定はこれまで紹介した2つです。

5分でできるConoHa WINGの高速化設定

・コンテンツキャッシュの利用

・ブラウザキャッシュの利用

高速化設定の他にも、セキュリティやコメント制限、アクセス制限も管理画面から簡単に行えるのがConoHa WINGのすごいところです。

まとめ:ConoHaWINGが遅いときはキャッシュを利用しよう

ConoHaWINGは性能が高いレンタルサーバーです。

サーバー移行だけでも大抵のサイト高速化はできますが、期待より遅かった場合はキャッシュを利用してみてください!

(筆者はこの設定で0.5秒~1秒ページ読み込み速度が速くなったことを確認しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA