IIJmio

IIJmioのeSIMって何?契約後すぐ手軽に使えるデータSIM!

IIJmioのeSIMプラン

IIJmioは2019年7月18日から「eSIM」と呼ばれるサービスを開始しました。

格安SIMの中でも現在これができるのは「IIJmio」だけです。

eSIMとは何か、詳しく解説します。

 

そもそもSIMって何?

 

SIM(Subscriber Identyty Module)は、スマホの中に入っている小さなカードのことです。

スマホによって取り付けられているSIMカードの大きさは異なっています。

 

SIMカードの種類

 

このSIMカードには内部に固有の番号があります。

加入者識別番号と呼ばれる番号で、これがあるからスマホで通信することができます。

 

従来のSIMは、小さなカードをスマホ本体に差し込む形式でした。

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の場合は契約手続きは全て店頭でやってくれます。

格安スマホでSIMを契約すると、SIMが自宅に送られてきてそれを自分でスマホに差し込みます。

どちらの場合でもスマホにSIMカードが挿入されています。

 

ところが最近、「実体のないSIMカード」が登場してきました。

 

eSIMとは?

 

実体のないSIMカード、それが「eSIM」です。

eSIMは、QRコードを読み込むだけでデータ通信ができるようになるというSIMです。

自宅で契約後、手軽にデータ通信を始められる優れものです。

 

SIMくん
SIMくん
カード型じゃないSIMは珍しいよ!

 

eSIMが使える代表的な端末はiOS系です。(iPhone、iPad)

iPhoneでSIMロック解除とAPN設定を行なうことで、データ通信を始めることができます。

格安SIMのAPN設定のコツはプロファイル再インストール
APNネット設定のコツ!プロファイルインストール方法をわかりやすく解説!格安SIIMを始める時に、APN設定がうまくいかないことがあります。こうした時は他のアプリを停止したり、プロファイルの再インストールがカギ!APN設定のやり方とコツを丁寧に解説しました。...

 

そのほかWindows PCでもeSIMでデータ通信をすることもできます。

かなり応用性の広いSIMと言えます。

 

eSIMサービスを扱っているのは?IIJmioのみ

 

eSIMのサービスを提供しているのは2019年8月現在「IIJmio」のみです。

IIJmioは格安SIM大手の業者で、端末の安さやサービスの充実に定評があります。

IIJmioの評判と料金プラン!ギガプランと端末割引がナイス!IIJmioはこんな格安SIM IIjmioは2012年にサービス開始した格安SIMです。 今ではmineoやUQモバイ...

 

このIIJmioで2019年7月18日、eSIMサービス(ベータ版)が開始されました。

 

なぜIIJmioだけがeSIMをサービス展開できる?

 

IIJmioは国内唯一のフルMVNOです。

フルMVNOとは、自前でSIMカードを発行できるMVNOのこと。

詳しく見ていきましょう。

 

格安SIM業者(MVNO)は、大手キャリアから回線を借りています。

そのため通信回線の加入者を管理したり新規発行したりすることは基本的にできません。

IIJmioでは、コアネットワーク機能の一部(HLR、HSS、SIMカード)を自前で行うことができる設備をもち認証を得ています。

IIJmioがフルMVNOな理由〜SIMカード発行が可能

他のMVNO(ライトMVNO)は、コアネットワークの管理機能を持っていません。

よって国内でIIJmioだけが格安SIMでありながらSIMカードの発行ができるのです。

 

なんでキャリアはeSIMをやらないの?

 

もちろんキャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)ならeSIMを販売することができます。

キャリアがeSIMを提供していないのはなぜでしょうか?

 

eSIMはとても自由度が高いSIMです。

契約してQRコードを読み込むだけで、iPhoneが使えてしまうので既存ユーザーがその便利さで他社に流れてしまう可能性が高いです。

キャリアとすれば、ユーザーが他に流れてしまうのは嫌ですね。

eSIMは格安SIM以上のインパクトを与える可能性もあるので、キャリアは導入には慎重な姿勢を取っているわけです。

 

SIMくん
SIMくん
カード型じゃないSIMは珍しいけど便利だよ!

 

IIJmioのeSIMサービス

 

国内で唯一、eSIMサービスの提供を始めたのがIIJmio。

IIJmioが提供するeSIMサービスを見てみましょう。

IIJmioのeSIMのプランは?

IIJmioのeSIMプラン

 

IIJmioはeSIM(ベータ版)のサービスを始めたばかりです。

対応機種はiPhone XS/XRのみとなっていて、ほぼ最新のiPhoneでならeSIMを使うことができます。

このeSIM、6ギガで月額1520円のプランになっています。

 

注意点をまとめます。

・データ通信のみできる(SMS、音声通話はできない)
・デザリング・インターネットは可能
・SIMロック解除が必須

 

eSIM(ベータ版)はデータ通信のみできる6ギガのSIMになっています。

つまりショートメッセージや音声通話をすることはできません。

音声通話が使えないのは困る!という方でもちゃんと通話する方法があるので次で紹介します。

デザリングが可能なのは嬉しいところです。

またeSIMの利用に当たって、iPhoneのSIMロック解除が必須です。

 

eSIMをスマホで使う場合は、これまでの契約はそのままにeSIMを追加するのが基本になります。

eSIMだけをiPhoneに挿していると音声通話を行うことができませんが、iPhone XS/XRはデュアルSIMに対応しています。

つまりauなどのスマホ利用プランを維持しつつ、データ6ギガ増量ができるんです。

詳しくは次章で紹介します。

 

 

IIJmioのeSIMの使い方

 

eSIM対応機種について

 

IIJmioのeSIMは8月現在、iPhone XS/XRで使えるデータ通信専用SIMです。

その他新しいiPadやWindowsノートPCでも使うことができます。

AndroidスマホでeSIM対応している機種は残念ながら非常に少ないです。

2019年8月現在、対応機種はこれらの端末です。

 

・iPhone X
・iPhone XS
・iPhone XR
・Apple 11インチ iPad Pro
・12.9インチ iPad Pro (第3世代)
・iPad Air (第3世代)
・iPad mini(第5世代)
・Microsoft Surface Pro LTE Advanced (Surface以外のWindows PCでも利用可能
・Gemini PDA(Androidはこれ1機種のみ

 

 

スマホで使えるのは新しいiPhoneです。

また、iPadでもいくつか利用することができます。

Androidについては国内ではまだ1機種しかeSIMに対応してませんが、今後対応する機種が増えてくると予想されます。

 

スマホ・タブレットでのeSIM使い方

 

iPhoneやiPadでは、DSDS(デュアルSIM)が可能です。

今契約しているSIMを使ったまま、IIJmioで契約したeSIMを使うことができます。

eSIMは契約後、QRコードをスマホで読み込めば使えますので新しい技術だからと言って難しい訳ではありません。

むしろSIMの実体がないので、手軽に使うことができます。

詳しいeSIMの使い方は公式サイトIIJmio(みおふぉん)で図解で説明されています。

 

Windows PCでのeSIM使い方

 

注目すべきはこちらです。

Windows PCでもiPhoneの場合と同じように、QRコードを読み込むだけでデータ通信ができるようになります。

これがかなり便利な仕組みになっています。

 

パソコンを使ってカフェで作業したり、旅行先で仕事したりすることないでしょうか?

WiFi環境があればいいですがいつもあるとは限りません。

この状況でパソコン(ネット)を使いたい場合の方法は主に3つです。

 

 

・スマホのデザリングを使う

・ポケットWiFiを使う

eSIM!

 

スマホのデザリングは携帯のSIMのギガを消費しますからパソコンでのギガ消費に気を使います。

また、ポケットWiFiは便利です。

 

ポケットWiFiの外見
おすすめポケットWiFi解説!ポイント別ランキング形式で分かりやすく紹介ポケットWiFiの選び方、プランやキャッシュバックが複雑で分かりにくいですよね。ポケットWiFiを選ぶポイントを5点整理しランキング形式で分かりやすく解説しました!料金やキャッシュバック受け取りやすさもまとめています...

 

日本で広く使うことができますが、山奥などで電波が届かない場合があります。

 

eSIMなら月6ギガまでパソコンで使えるようになります。

ギガの上限がはっきりしていますので安心ですよね。

また、IIJmioのeSIMならIIJmioの普通のSIMと同じ回線(安定のドコモ回線です)なので国内どこでもネット接続が可能です。

 

eSIMが便利な場合

 

 

毎月のスマホの通信料、結構高いですよね。

特にキャリア3社(au、ドコモ、ソフトバンク)で契約していると毎月5000円以上普通にかかります。

毎月の消費が5〜6ギガ程度なのにこんなにかかるのは腑に落ちないものです。

 

利用可能ギガを減らさずに節約できる格安SIMへの乗り換えは効果的な選択肢です。

ところがauやドコモ、ソフトバンクでは色々割引がありますね。

これが理由でなかなか格安SIM乗り換えに踏み切れない方は多いでしょう。

 

・通話定額

・家族割

・光回線とのセット割

・学割    などなど

 

 

eSIMのメリットは物理的なSIMがない点でしたね。

つまり、これまでの契約を続けたままIIJmioのeSIMを契約してiPhoneで使うことができます。

これをするメリットは、

 

・今のスマホプランを解約する必要がない(割引はそのまま受けられる)

・月額1520円で6ギガ増量することができる

 

ことですね。

スマホのSIMで6ギガ増やそうとすると2000円以上高くなる場合が多いですので、eSIMはそれより安くギガ増量ができます。

 

また、格安SIMを使うなら、例えば「毎月1ギガ+音声通話SIM」と併用することで7ギガをかなりお得に使うことができます。

iPhone XS/XR限定の方法になってしまいますが、効果的な節約方法になります。

 

格安SIMで「1ギガ+音声通話」のミニマムプランが安いのはエキサイトモバイルDMMモバイルです。

組み合わせるならどちらかのMVNOがおすすめです。

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioのeSIMキャンペーン

 

IIJmioのe-SIM応援キャンペーン

 

IIJmioではeSIMの応援キャンペーンをやっています。

8月中の申し込み時期によって「初期費用1円」「データ量3ヶ月間1ギガ増量」「3ヶ月間1000円割引」のどれかの特典が受けられます。

IIJmioはこの他にもたくさんのキャンペーンをやっていますので確認してみてください!

IIJmioの評判と料金プラン!ギガプランと端末割引がナイス!IIJmioはこんな格安SIM IIjmioは2012年にサービス開始した格安SIMです。 今ではmineoやUQモバイ...

 

まとめ:eSIMは超便利で可能性の塊

 

eSIMは国内の知名度はまだゼロに近いです。

情報を知っておくだけでも価値があります。

 

現在ではiPhoneXS/XRなど新型機種で使うのがメインですが、これからどんどん使える機種が増えるはずです。

オンラインで音楽やゲームがインストールできるようになる感覚で、SIMがインストールできるようになります。

(PS4でゲームがデータでダウンロードできるの便利ですよね)

これは可能性の塊と言えるのではないでしょうか?

 

現在eSIMサービスをやっているのは国内でIIJmioのみです。

端末の安さ・サービスの充実で定評のあるIIJmioに期待が高まりますね。

IIJmio(みおふぉん)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です