定跡

【将棋定跡】角換わり腰掛銀4八金型の組み方

角換わり腰掛銀4八金型の組み方を紹介します。

この戦型はプロアマ問わず大流行していて、対局者が居飛車党だと出現しやすいです。

まずは組み方を確認しましょう。

 

①飛車先を角上がりで受けて6八銀

角換わり腰掛銀定跡1

相手が飛車先の歩を伸ばしてきたときは▲7七角と上がります。

すると△3四歩と角道を開けてくるので▲6八銀と上がりましょう。

これで相手から角を交換させることができます。

序盤で手損しないために重要なので、「▲7七角~▲6八銀」をセットで覚えましょう。

 

②銀を腰掛ける準備~▲4六歩

kakugarai-koshikakegin-2

角換わりにもいろいろな戦型があります。

棒銀、早繰り銀、腰掛銀、右玉などなど。

なかでも腰掛銀にするなら「4八~4七~4六」のルートを通る必要があります。

▲4六歩とついて、銀を腰掛ける準備をしましょう。

この後は、▲4七銀と上がっていきます。

③棒銀がないのを見て玉を移動

kakugawari-koshikake-2-2

角換わりでは、玉の移動のタイミングに気をつけます。

相手が棒銀してくるときに玉を左に行ってしまうと、棒銀のあたりがきつく損になります。

相手が棒銀してこないことを確認してから玉を移動しましょう。

「△6四歩とついてきたら腰掛銀の合図」なのでその後に▲6八玉とします。

この6八が玉の定位置になります。

④右桂を活用していく

kakugawari-koshikakegin-3

 

玉の移動の後は右桂を活用しましょう。

▲3六歩~▲3七桂と使っていきます。

隙あれば▲4五桂といきなり攻めかかることもできます。

 

⑤4八金、2九飛でバランスをとる

kakugawari-koshikakegin-4

最後に、▲4八金~▲2九飛でバランスをとります。

この一段飛車の形が角打ちの隙を消しています。

これで腰掛銀4八金型の駒組みが完成です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です