【将棋次の一手】エルモ囲い対抗形1

△6五銀まで
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ 金 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0    まで

後手の四間飛車側が△6五銀と出てきた局面。
ここで居飛車側はどう指すのがよいでしょうか?

エルモ囲いの考え方

エルモ囲いは、玉が広く中央端どちらから攻められても強い囲いです。

互角の捌きあいになれば居飛車有利、という意識をもちましょう。

 

問題の局面の考え方

問題の局面、後手が△6五銀と出てきたところです。

次に△7六銀と歩を取る手を見せられていますが、これを受けているようでは守勢になってしまいます。

例えば▲7七銀では△4五歩で後手が伸び伸びした形です。

ここは攻めを意識しましょう。

 

次の一手

▲3五歩が正解です。

△同歩なら▲3八飛として、次に▲3五飛が6五の銀取りになります。

これは居飛車好調な流れです。

 

実戦は▲3五歩に△4三金と受けましたが、それでも▲3八飛とします。

以下△3五歩に▲同飛で好調な捌きになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA