ゲーム

エミュレータで快適スマホゲーム周回!方法を徹底解説!

ブルースタックスのロゴ

エミュレータ、というものがあります。

スマホゲームをPCで動かせるようになるので、周回やリセマラがはかどります。

さっそくやり方を紹介します!

エミュレータとは?

パソコンでAndroid環境を作るソフトです。

導入すればスマホのようにアプリを動かすことができます。

主にスマホゲームをする用途で使われます。

有名なエミュレータには、「Nox Player」「BlueStacks」がありますね。

 

なぜPCでエミュレータを使うの?

スマホゲームでは、よく周回する必要がありますよね。

ところが最近のゲームはエフェクトやグラフィックがきれいでかなり重いです。

周回しようにも、

・寝てる間に充電しつつ周回放置(寝放置)でスマホがめちゃ高温に!

・アプリ落ちでいつの間にか止まってた(泣)

・外出が忙しくて周回なんてしていられない!

なんてことがよくあります。

 

これは、スマホの性能がゲームの要求スペックに追い付いていないことが原因で起こります。

スマホよりパソコンの方が高性能なことが多いので、エミュレータを使うというわけです。

また、パソコンなら家に置いておいて外出中も動かすことができますね。

エミュレータ導入に必要なもの(パソコン本体!)

パソコンが必要

ずばり、パソコンです。

Macでも、WindowsでもOKです。

すでに持っている方はそれを使えばいいですし、ない場合にも安く購入することができます。

スマホゲーム用ならどんなPCがいい?

スマホゲーム用途でPCを購入するならある程度の性能が必要です。

私もスマホゲーム周回のためのPCを購入し、今も快適に利用しています。

まずは必要な性能です。

パソコンに関する細かい話になってしまうので、読み飛ばしてしまってもOKです。

その場合は下のおすすめPCを見てください。

問題なくエミュレータで周回できる性能があります。

 

 

「mini Regulus AR5」は、私も購入して使っているドスパラの超小型PCです。

5万円以下で、かつ片手でつかめるくらいコンパクトなので場所を取りません

ドスパラで買ってもいいですが、実は価格コムで買う方が安いです。

こちらのレビューで詳しく紹介しています。

 

 

パソコン工房のミニタワーゲーミングPCも5万円弱で買うことができます。

性能的には少し「mini Regulus AR5」の方が上ですが、こちらでもエミュレータ用としては充分です。

 

 

エミュレータ利用で必要なPCスペック

 

CPU:CPUベンチマークで1500以上のCPU

GPU:RyzenやIntel corei~シリーズの内臓GPUでOK

メモリ:8GB以上ならOK(可能なら16GB以上推奨)

 

エミュレータ用途だと、CPUとGPU、メモリの性能が重要です。

CPU_Ryzen7
自作PC用語集!自作PCを始めようと思っている方、結構いるのではないでしょうか? 専門用語がたくさん出てきたりして、モヤモヤしますね。 PCを考える...

 

スマホゲームですので、PC用FPSのように、超ハイスペックは必要ありません。

ある程度のCPUとGPU(CPUに付属のものでよし)と、メモリの性能をチェックしましょう。

特にメモリは重要で、最低でも8GBは欲しいところです。

 

エミュレータの導入方法

 

PCを準備できたら、エミュレータを導入しましょう。

エミュレータにもいろいろありますが、有名どころである

・Nox Player

・Blue Stacks

のどちらかを使うと快適です。

 

Nox Playerの導入方法

準備中

Blue Stacksの導入方法

BlueStacks(ブルースタックス)は機能豊富で使いやすいエミュレータです。

こちらで詳しく解説しています。

BlueStacks公式サイトトップ
BlueStacks(ブルスタ)のインストール方法とおすすめ設定・使い方解説BlueStacks(ブルースタックス)というソフトがあります。 目的はずばり、パソコンでスマホゲームを楽しむこと! 録画や...

 

まとめ:エミュレータ活用でスマホゲームを快適に!

 

スマホより高性能なPCを使えば効率的にスマホゲームを進められます。

エミュレータは一度やり方が分かれば簡単にできますので、複数ゲーム同時プレイも可能です。

寝ている間や外出中などにも、ゲームを進めてしまいましょう!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です