[2022年2月] iPhoneのクイックスタートができない?やり方を画像付きで解説

新しいiPhoneを買った場合、データ移行が少し面倒ですよね。

携帯会社の店で契約した場合、移行までやってくれるときもありますが、やってくれない場合もあります。

ネットショップで購入した場合は確実に自分でやることになります。

データ移行の方法にはいくつかありますが、今回は「クイックスタート」を紹介します。

Contents
  1. iPhoneのクイックスタートとは?
  2. クイックスタートの手順
  3. 新iPhoneを初期化する
  4. 旧iPhoneを近づけてクイックスタートを始める
  5. 初期設定をスキップしてソフトウェアアップデートする
  6. クイックスタートで移行する

iPhoneのクイックスタートとは?

iPhoneの標準機能で、iPhoneやiPadを乗り換える場合にデータ移行ができるサービスです。

旧iPhoneと新iPhoneを近づけて移行を行います。

quickstart-apple-official

基本はこちらの手順に従って移行作業を進めることになります。

ただし、APPLE公式の解説手順はやや説明不足なところがあるので実際の手順で紹介していきます。

注意事項

クイックスタートの実施結果については、当サイトでは責任を負いかねます。

写真やLINEのトーク履歴などの大事なデータは、パソコンやクラウドにバックアップしておくことをおすすめします。

(正しく行えばデータ消滅等はないと思いますが、絶対ないとは言い切れません)

APPLE公式の解説手順をよく確認した上で、自己責任で実施してください。

クイックスタートの手順

クイックスタートの手順を進めていきます。

今回私は、iPhone8のデータを新しく購入したiPhone13に移行する手順を行いました。

移行元の古いiPhoneを「旧iPhone」移行先の新しいiPhoneを「新iPhone」と表記します。

クイックスタート実施中の注意

・新iPhoneと旧iPhoneは充電器につないで、近くで行う。

・2時間くらいかかることもあるので、iPhoneがしばらく使えなくてもいい時間に行う。(おすすめは夜)

新iPhoneを初期化する

新iPhoneでiPhoneを探すをOFFにする

まずは、新iPhoneにAppleIDでログインしていないか確認します。

新iPhoneでAppleIDにログインしている場合、このあと初期化すると「iPhoneが見つからない」になってしまいます。

 

新iPhoneでAppleIDにログインしていない場合

ログインしていない状態だと、一番上が「iPhoneにサインイン」となっています。

下のような状態なら、「iPhoneを探す」をOFFにする作業は不要です。

iphone-not-signin

 

新iPhoneでAppleIDにログインしている場合

ログインしてしまっている場合は、「iPhoneを探す」をオフにしておきます。

「設定アプリ」→「AppleID」→「探す」で「iPhoneを探す」をオフにしましょう。

iPhone-search-off

オフにできたらOKです。

新iPhoneを初期化する(設定アプリ→一般→転送またはiPhoneをリセット)

「iPhoneを探す」がオフになっていることを確認したら、新iPhoneを初期化していきます。

まずは「設定アプリ」を開きます。

iphone-setting

次に、「一般」を選択しましょう。

iphone-setting-ippan

新iPhoneを初期化する(全てのコンテンツと設定を消去)

下の方にある「全てのコンテンツと設定を消去」を選択します。

iphone-erase-all

新iPhoneを初期化する(このiPhoneを消去で続ける→iPhoneを消去(赤字))

「このiPhoneを消去」画面になるので「続ける」を選択しましょう。

iphone-setting-ippan-erase

「続ける」を選択しましょう。

すると、赤字で「iPhoneを消去」ボタンが出てくるので選択します。

これで新iPhoneが初期化されます。

新iPhoneが初期化されるまで待つ

新iPhoneの初期化には10分くらいかかります。

しばらく待ちましょう。

新iPhoneの「こんにちは」画面(日本語→日本語)

初期化が完了すると、「こんにちは」画面になりますので画面に従って進めます

「日本語」を選択していきます。

iphone-hello

しばらく進めると、「クイックスタート」画面になります。

旧iPhoneを近づけてクイックスタートを始める

新iPhoneでクイックスタート画面が出たら、旧iPhoneを近づける

iphone-quickstart-kaisigamen

旧iPhoneで「新しいiPhoneを設定」画面が出てきたら続ける

旧iPhoneを近づけると、旧iPhoneでクイックスタート開始用の画面が出てきます。

「続ける」を選択します。

iphone-quickstart-newiphone-setting1

新iPhoneで青い模様が出てくるので、旧iPhoneの丸い枠で読み取る

続けるを押すと、旧iPhoneでクイックスタートの読みとり用画面が出てきます。

丸い枠で新iPhoneに出てくる青い模様を読みとってください。

QRコード読みとりと同じ感覚です。

iphone-quickstart-oldiphone-yomitori

読み取りに失敗した場合

読み取りで失敗したり、旧iPhoneで間違えて「戻る」などを押してしまうと、クイックスタートが進まなくなります。

この場合、旧iPhoneを再起動して近づけると、丸い枠がもう一度出てきます。

新iPhoneでパスコードの入力が求められるので旧iPhoneのパスコードを入力する

表示画面

新iPhoneで「iPhoneの設定中→iPhoneの設定には数分かかることがあります」

旧iPhoneで「新しいiPhoneの設定を完了」(進行中のぐるぐるマークがある)

と表示されたら、2台を近くにおいて待ちましょう。

iPhone-quickstart-quickstart-totyu

新iPhoneで、画面が進んで行きます。

旧iPhoneはこのあと最後まで、新iPhoneの近くで充電しながら放置してください。

WiFi接続について

旧iPhoneでログインしていた自宅WiFiの情報が転送されて、新iPhoneで自動的にWiFiに繋がります

初期設定をスキップしてソフトウェアアップデートする

ここまで来ると、新iPhoneでクイックスタートを進める手順が始まっています。

早速クイックスタートできるかと思いきや、操作を進めるとソフトウェアアップデート画面になります。

これは、買ったばかりの新iPhoneが工場出荷時の古いバージョンのiOSになっているのが原因です。

このあとソフトウェアアップデートが必要になりますが、FaceIDなどの初期設定をするか聞かれるので全部後回しにして先に進みましょう

新iPhoneでFaceIDの設定画面(あとでセットアップ)

新iPhoneでFaceIDの設定画面が出たら、「あとでセットアップ」を選択します。

(移行が終わったあとで設定することができます)

iphone-quickstart-faceid

新iPhoneで利用規約画面(同意する)

新iPhoneで利用規約画面がでたら「同意する」を選択しましょう。

iphone-quickstart-riyoukiyaku

新iPhoneで「新しいiPhoneで設定を移行」画面(デフォルトで続ける)

新iPhoneで「新しいiPhoneで設定を移行」画面が出てきます。

デフォルトのまま、一番下の「続ける」を選択します。

iphone-quickstart-newiphone-ikou

新iPhoneでiMessageとFaceTime(今はしない)

iMessageとFaceTimeの設定をするか聞かれますので、一番下の「今はしない」を選びます。

(移行が終わったあとで設定することができます)

iphone-quickstart-imessage-facetime

新iPhoneでSiriの設定画面(あとで”設定”でセットアップ)

iMessageとFaceTimeの設定をするか聞かれますので、一番下の「あとで”設定”でセットアップ」を選択します。

すると、ソフトウェアアップデート画面が出てきます。

iphone-quickstart-siri

新iPhoneでソフトウェアアップデートの画面(ダウンロードしてインストール)

「ダウンロードしてインストール」を押すと、ソフトウェアアップデートを開始します。

iphone-quickstart-software-update

「アップデートを要求中」→「アップデートを準備中」のように表示が変わります。

黒い画面で、リンゴマークの下にバーが表示され動いていれば、ソフトウェアアップデートが進んでいます

バーが右端に行くまで、待ちましょう。

iphone-software-update

注意

ソフトウェアアップデートは数分~1時間かかります。

通信環境によってかかる時間が変わりますので、自宅など通信の安定したWiFi環境で実行しましょう。

ソフトウェアアップデートが完了したら、いよいよクイックスタートの準備が整っています。

新iPhone、旧iPhoneは動かさずそのまま待ちましょう。

クイックスタートで移行する

新iPhoneで「再接続中」→「転送を準備中」と表示される(待機)

新iPhoneの画面が「再接続中」と表示されますのでこのまま待ちます

このとき、新iPhoneが旧iPhoneに接続し直しており、見つかると「転送を準備中」と表示されます。

新iPhoneで「データを転送」画面(続ける)

新iPhoneで「”○○のiPhone”からデータを転送」画面で「続ける」を選択します。

旧iPhoneで「”iPhone〇〇”へデータを転送中」、新iPhoneで”〇〇のiPhone”からデータを転送中」と表示される(待機)

しばらく待つと、旧iPhoneと新iPhoneで似たような画面が表示されます。

表示画面

旧iPhoneで「”iPhone〇〇”へデータを転送中」

新iPhoneで「”iPhone〇〇”からデータを転送中」

と表示されます。

iphone-quickstart-transfer-begin

この画面までくればクイックスタートがうまく行っています。

完了するまで待ちます。

旧iPhone、新iPhoneは近くにおいておき、操作をしないでください

データ転送にかかる時間

クイックスタートのデータ転送の時間はアプリの量や、WiFi環境により異なります。

数分~3時間くらいかかる場合がありますのでおとなしく待ちましょう。

旧iPhoneで「転送が完了しました」と表示(続ける)

クイックスタートが終わると、旧iPhoneで「転送が完了しました」と表示されます。

iphone-quickstart-transfer-fin

旧iPhoneで「このiPhoneを削除」と表示→(「今はしない」)

旧iPhoneで、「このiPhoneを削除」の画面になります。

初期化をする場合には「続ける」、まだ初期化したくなければ「今はしない」を選択します。

旧iPhoneの初期化は、データ移行ができてることを必ず確認してから!

旧iPhoneの初期化は、新iPhoneにデータが移行していることを必ず確認してからにしましょう。

万が一移行が失敗していたら、どちらのiPhoneにもデータが残りません。

 

iphone-quickstart-erase

新iPhoneで「復元しました」と表示されている(成功)

新iPhoneで「復元しました」と表示されたら、クイックスタートが成功しています。

下の「続ける」を選択しましょう。

iphone-quickstart-hukugen-fin

新iPhoneでFaceIDの設定をする

「続ける」を押すと、再びFaceIDの設定画面になります。

iphone-quickstart-faceid

画面の案内に従って顔を登録しましょう。

新iPhoneでAppleIDの確認をする→上にスワイプして使用開始

AppleIDの確認画面がでたら、上にスワイプしましょう。

「使用開始」と表示されて次に進みます。

新iPhoneのホーム画面になる

新iPhoneのホーム画面になります。

移行後の確認

・ホーム画面に旧iPhoneで使っていたアプリがある(インストール中の場合もある)

・写真のデータが新iPhoneにある

・AppleIDにログインできている

などを確認しましょう。

旧iPhoneで使っていたアプリが新iPhoneにあれば、移行完了です。

移行後のアプリの状態

新iPhoneにアプリのマークはあるが、アプリ自体は入っていない(暗くなっている)場合があります。

この場合、WiFiに接続した状態でアプリをタップしてインストールしましょう。