【マイクラなど】Xserver VPSでゲーム用マルチサーバーを立てるやり方解説!

オープンワールドのゲームだと、マルチサーバーを立てて知り合いに遊びにきてもらうことができますね。

マルチサーバーは電源つけっぱなしにする必要があり、自分で24時間起動しているパソコンを用意するのは大変です。

そんな時に便利に使えるのが、VPS(ぶいぴーえす)と呼ばれるサービスです。

マルチサーバーとは

マルチサーバーとは、プレイヤーがマルチプレイをする際に必要なサーバーです。

サーバーはホストが建てて、他の参加者が入っていく形になります。

マルチサーバーはマイクラなどで親しまれており、特徴はこんな感じです。

マルチサーバーの特徴

・マルチサーバーはホストが作成する必要がある

・他の参加者が入れるのは、マルチサーバーが起動している時のみ

Xserver VPSのメリット

Xserver VPSは、エックスサーバーが運営するVPSです。

レンタルサーバーとして有名なXserverですが、ゲーム用途に使えるVPSも運営しています。

Xserver VPSのメリット

・価格がトップクラスに安い

・操作が簡単でわかりやすい

・簡単3ステップでマルチサーバー作成ができる

Xserver VPSのメリットはこちらです。

まず価格が安いですね。

月額830円から始めることができます。(キャンペーン中により月額440円)

次に、操作が簡単なのがポイントです。

Xserver VPSの画面上の操作だけでマルチサーバー作成ができます。



 

マイクラのマルチサーバーを立てる場合の注意点

マルチサーバーの特徴

・プレイヤー同士はJava版と統合版を揃える

・マイクラのバージョンを揃える

一緒に遊ぶ予定のプレイヤー同士はバージョン(Java版と統合版)を揃える必要があります。

マイクラはクロスプレイに対応していませんので、版が異なっていると一緒に遊ぶことができません

マイクラを始める前に、遊ぶ予定のある知り合いとは版を合わせておきましょう。

また、バージョン(1.18.1など)が異なっていると一緒に遊ぶことができません。

minecraft-version

Xserver VPSでマイクラのマルチサーバーを立てるやり方

手順1
公式サイトから申し込みに進む
 
手順2
お客様情報を入力する(新規作成のみ)
 
手順3
確認コードを入力する(新規作成のみ)
 
手順4
SMS・電話認証をする
 
手順5
お申し込み内容を入力する
手順6
お支払い情報を入力する

手順1:公式サイトから申し込みに進む

まずはXserver VPSから公式サイトを開きます。

xserver-vps-apply1

ピンクのボタン「今すぐお申し込み」をクリックします。

すると、Xserverアカウントを持っているかを選ぶ画面になります。

アカウントを持っているなら右側の青色のボタン「ログイン」を、持っていなければ左側のピンクのボタン「新規申し込み」をクリックします。

エックスサーバーのアカウントを持っている場合

 

「ログイン」を押します。

「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログインしましょう。

手順5の「お申し込み内容入力」に進んでください。

xserver-vps-login

今回は新しくアカウントを作成しますので、「新規申し込み」をクリックします。

すると、アカウント情報の入力画面になります。

手順2:お客様情報を入力する

xserver-vps-apply3

次の画面でアカウント情報を入力しましょう。

入力項目はこんな感じです。

①メールアドレス:登録に使うメールアドレスを入力する

②パスワード:好きなパスワードを入力する

③登録区分:個人を選ぶ

④名前

⑤フリガナ

⑥郵便番号
⑦住所(都道府県、市区町村)
⑧住所(町域、丁目・番地)

⑨住所(建物名)

⑩電話番号:登録に使う番号を入力する(スマホの番号がおすすめ)

入力が終わったら、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意にチェックをしましょう。

①インフォメーションメールの送信:「希望する」のチェックはどちらでもOK
②利用規約と個人情報の取り扱いについて:チェックする

項目を全て入力して利用規約にチェックをつけたら、一番下の「次へ進む」をクリックします。

 

手順3:メールアドレスに届く確認コードを入力する

xserver-vps-apply4

続いて確認コードの入力を行います。

入力したメールアドレスに確認コードが届きますのでそれを入力します。

確認コードを入力したら「次へ進む」をクリックします。

手順4:SMS・電話認証をする

xserver-vps-apply5

続いてSMS認証をします。

登録した番号に、SMSで番号が届きます。

届いた番号を入力します。

手順5:お申し込み内容を入力する

続いて、お申し込み内容の入力画面になります

利用するゲームに合わせてサービスを選択することになります。

xserver-vps-service-info

①サーバー名

好きな名前でOKです。

入力されている名前そのままでもいいですし、ゲーム名でサーバー名をつけても良いです。

例:vps-minecraft-2022-12 など

 

②プランの決め方

マルチサーバーを建てたいゲームによって、プランを決めましょう。

Minecraftの場合
・4人以下:2GB
・5〜10人:4GB
・11人以上:8GBまたは16GB

ARKの場合

ARKは重いゲームなので、重い処理ができるサーバーが推奨されています。

ARKにする場合は、4GB以上の高性能プランにしましょう。

 

③契約期間

契約期間は、1ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月から選べます。

長い期間にするほど月額が安くなります。

コスパが良いのは12ヶ月なので、こだわりがなければ12ヶ月にするのがおすすめです。

 

④イメージタイプ(OS、アプリケーション)

イメージタイプでは、OSとアプリケーションを選びます。

イメージタイプは使い慣れているLinuxがあればそれを選びましょう。

特になければデフォルトの「Ubuntu」でOKです。

xserver-vps-imagetype-linux

続いて、右のタブ「アプリケーション」を選択します。

デフォルトだと、「KUSANAGI 9」になっています。

作成したいマルチサーバーのゲームを選びましょう。(MinecraftまたはARKサーバーなど)

xserver-vps-imagetype-app2

続いて、rootパスワード入力に進みます。

⑤rootパスワード

rootパスワードは、VPSサーバーにログインするためのパスワードです。

非常に重要なので、忘れないように必ずメモしておいてください。

 

⑥SSHキー

設定しなくてもマルチサーバーは作れますが、できれば作っておいた方が良いです。

設定する場合は、「キーを作成する」からで作れます。

「自動生成」を選び、好きな名前を入力すれば自動で作成されます。

xserver-vps-ssh

xserver-vps-ssh2

 

続いて、「お申し込み内容を確認」を押します。

SSHキーを作った場合は、ダウンロードできる画面が出てくるので必ずダウンロードして保管しておきます。

xserver-vps-ssh3

手順6:お支払い情報を入力する

入力した情報に問題がなければ、右下の「お支払いへ進む」をクリックします。

xserver-vps-pay1

 

お支払いには、クレジットカードがコンビニ決済が選べます。

クレジットカード支払いが簡単でおすすめです。

xserver-vps-pay3

 

入力したら確認画面へ進みましょう。

「支払いをする」で支払いが完了したら完了です。

xserver-vps-pay5

 

続いて、Xserver VPSを開いてサーバーの情報を確認します。

Xserver VPSの管理画面を確認する

 

Xserver VPSの管理画面を開いて、必要な設定と情報を確認します。

手順1
Xserver VPSの管理画面を開く
 
手順2
サーバーのIPアドレスを確認する
 
手順3
通信を許可する

手順1:Xserver VPSの管理画面を開く

まずはXserver VPSの管理画面を開きます。

こちらから開けます。

xserver-conpane-2

「IPアドレス」にはXserverの登録に使ったメールアドレスを入力します。

「VPSパネルパスワード」には登録時に設定したパスワードを入力してログインしましょう。

 

右上の「サービス管理」から、「Xserver VPS」をクリックします。

xserver-conpane-3

 

これで、Xserver VPSの管理画面が開きます。

xserver-conpane-4

 

サーバー名の右側にある青色のボタン「VPS管理」をクリックします。

開いた次の画面で、VPSの情報をいろいろ見ることができます。

xserver-conpane-5

続いて、VPSサーバーのIPアドレスを確認します。

手順2:サーバーのIPアドレスを確認する

開いている管理画面から、「IPアドレス」の項目を探します。

書かれている数字がIPアドレスになります。

xserver-ip-address

サーバーにログインする際に必要になりますので、メモしておきましょう。

続いて、通信許可の設定をしていきます。

手順3:通信を許可する

Xserver VPSは、デフォルトだと「全ての通信を拒否する」設定になっています。

この状態だと外から誰もサーバーにログインできませんので、通信を許可していきましょう。

まず、「接続許可ポート設定」をクリックします。

xserver-conpane-port1

「全て許可」で「ONにする」にチェックします。

これで、通信許可の設定は完了です。

xserver-conpane-port2

これで設定は完了です。

いよいよマインクラフトマルチサーバーに接続する準備が整いました。

サーバーに接続する

自分でサーバーに接続するときは以下の手順になります。

手順1
マインクラフト統合版を開いて「遊ぶ」ボタンをクリック
 
手順2
右上の「サーバー」から「サーバーを追加」をクリック
手順3
サーバー名に名前、サーバーアドレスにIPアドレスを入力
手順4
情報を保存し、サーバーの一覧画面から追加したサーバーを選択
手順5
IPアドレスを参加プレイヤーに伝える

マインクラフトを開いて「遊ぶ」ボタンをクリック

minecraft-login1

右上の「サーバー」から「サーバーを追加」をクリック

minecraft-login2

minecraft-login3

サーバー名に名前、サーバーアドレスにIPアドレスを入力

サーバー名は、Xserver VPSで作ったサーバーの名前を入力します。(vps-2022-12-31-10-00-00など)

Xserver VPSの管理画面で先ほど調べたIPアドレスを入力しましょう。

minecraft-login4

情報を保存し、サーバーの一覧画面から追加したサーバーを選択

サーバー名とサーバーアドレスが入力できたら、右下の「保存」をクリックします。

戻ってサーバーの一覧画面から追加したサーバーを選択しましょう。

IPアドレスを参加プレイヤーに伝える

ここまで確認できれば、他のプレイヤーに参加してもらう準備が完了です。

IPアドレスを伝えて、自分のマルチサーバーに来てもらいましょう!

マルチサーバーまとめ

Minecraftのマルチサーバーは、Xserver VPSを使えば、簡単に作成と設定をすることができます。

Xserver VPSは、12ヶ月なら月額414と値段がかなり安いので、マインクラフトなどゲームのマルチサーバーを作りたい時に手軽で便利です。

コマンド操作なしで設定できるXserver VPSはありがたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA