便利アプリ

iPhoneアプリのロック方法解説!間違えて削除しないために

iPhoneの設定〜Appの削除

iPhoneでアプリをうっかり削除してしまい、困った経験はないでしょうか?

要らないアプリやゲームアプリならそれほどダメージはないですが、LINEなど削除すると面倒です。

管理人も一度うっかりLINE削除してトーク履歴が全部吹っ飛びました。

そんなことがないように、iPhoneでアプリをロックする方法を解説します。

iPhoneのアプリ削除とは?

 

iPhoneの画面でアプリを長押しすると、小さな×印が出ますよね。

この×印を押してしまうと、アプリがアンインストールされてしまいます。

今回はこれを防止していきましょう!

 

iPhoneアプリのロック方法

 

 

iPhoneでは、以前では「機能制限」というところから簡単にアプリロックができました。

iOS12のアップデートで「機能制限」の項目が「スクリーンタイム」に移動しています。

それではアプリをロックする手順です。

 

まずは「設定」をタップします。

 

iPhoneの設定の画面

 

「スクリーンタイム」をタップしましょう。

この時はパスワードを聞かれますので、パスワードを入力しましょう!

入力が終わるとスクリーンタイムの設定画面になります。

 

iPhoneの設定〜スクリーンタイム

 

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

 

iPhoneの設定〜コンテンツとプライバシー制限

 

「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。

こちらからアプリの削除のロック設定ができます。

 

iPhoneの設定〜Appの削除

 

「Appの削除」をオフにすればOKです。

 

iPhoneの設定〜Appの削除をオフ

 

iPhoneアプリのロックの効果

 

iPhoneで画面を長押ししてもアプリにバツ印が表示されなくなります。

これでうっかりアプリを削除してしまうのを防げます!

 

 

iPhoneアプリロックのデメリット

 

iPhoneアプリをロックしておく(Appの削除をオフ)と、LINEのうっかり削除を防げるのでメリットが大きいです。

また設定も簡単です。

しかし私が使っていて唯一デメリットに感じたのが、

 

スマホゲームのリセマラがしにくい

 

 

ことでした。

スクリーンタイムを外さなくいとアプリの削除ができませんからね。

[kanren id=2746]

 

アプリを消したい時に方法が分からなくなるのを防ぐため、

 

「アプリを消したい時にはスクリーンタイムで設定を変更する」

 

ことを覚えておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です