便利アプリ

[iOS13] ショートカットアプリが便利!レシピ例・カスタム方法も解説

ショートカットアプリ

iPhoneアプリの「ショートカット」が超便利です。

このアプリはiOS13から標準搭載された機能です。

Twitter投稿を始め、パズルを組み合わせる感覚で好きな動作が作れます。

オリジナルレシピを作って楽しんで見てください!

 

ショートカットアプリとは?

ショートカットアプリ

 

ショートカットアプリは、iPhoneで好きな動作を登録できる機能です。

他にもショートカットを作れるアプリは色々ありますが、iPhoneなら純正のものが使いやすいです。

iOS12以前はアプリをインストールする必要がありましたが、iOS13以降アプリがデフォルトで入るようになりました。

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

 

 

iOS13といえば、最適充電やダークモード、PS4接続など嬉しい機能がたくさんありましたね。

ios13のダークモード外観
iOS13の新機能〜ダークモードや最適化充電・PS4コントローラ対応など!iOS13が20日にリリースされました。今回はダークモード対応、最適化充電、PS4対応が魅力!iPhone11の発売と合わせて行われた大型アップデートを紹介!...

 

ショートカットアプリは使いこなせば楽しいアプリになっています。

 

 

ショートカットアプリの使い方

 

それではショートカットアプリの使い方を見てみましょう。

iOS12以前なら「ショートカット」アプリのインストールをしましょう。

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

 

iOS13ならデフォルトでアプリが入っています。

このアプリをタップします。

 

ショートカットアプリ

 

このアプリを使うと、いくつかの動作を組み合わせて登録して使うことができます。

そして登録した動作は、アプリを起動しなくても使うことができます。

ホーム画面で一番左までスワイプすると出てくるこの画面。

 

iphoneでスワイプしてショートカット

 

ここから登録したショートカットを起動させることができます。

(「WiFiオン」というショートカットを作ったのでそれが表示されています。)

 

なお、スマホの背景が暗いのはiOS13で実装されたダークモードを適用しているからです。

ダークモードは目に優しく何となく落ち着きますのでおすすめです。

ios13のダークモード外観
iOS13の新機能〜ダークモードや最適化充電・PS4コントローラ対応など!iOS13が20日にリリースされました。今回はダークモード対応、最適化充電、PS4対応が魅力!iPhone11の発売と合わせて行われた大型アップデートを紹介!...

 

シンプルな1動作を作るやり方

 

まずは1動作を作るやり方を確認しましょう。

「ショートカット」アプリを起動してください。

ショートカットアプリの起動画面

 

マイショートカットが表示されます。

先ほど作った「WiFiオン」の動作が表示されています。

これをもう1回作ってみます。

「ショートカットを作成」をタップしてください。

 

ショートカットアプリの新規作成画面

 

こちらで「アクションを追加」をタップします。

検索バーがありますので、動作の名前や使うアプリなどを検索します。

ショートカットのアクション追加画面

試しに「WiFi」と検索してください。

 

ショートカットアプリのWiFi動作

 

WiFi関連でできる動作が表示されました。

一番下の「WiFi設定」をタップします。

 

ショートカットアプリのWiFiオン

 

これでWiFiをオンにするショートカットを作成できました。

あとはショートカットに名前をつけて完成です。

 

作ったショートカットは勝手に表示されるので

iphoneでスワイプしてショートカット

ホーム画面でスワイプしたこの画面で「WiFiオン」ボタンを押せばWiFiをつけることができます。

ボタンも可愛らしいし便利ですよね!

カスタムで複数動作を作るやり方

 

まずは「変数(へんすう)」を理解する必要があります。

変数は数学好きの方やプログラマーの方にはおなじみですよね。

数学のxやyのように、値を代入する記号または文字列。プログラミングでは、変数に名前を付けて用いる。(コトバンク)

 

つまり、変数を作って値(動作)を指定して上げることで、好きな動きを組み合わせることができます。

 

「アクションを追加」をタップした画面をみてください。

ショートカットのアクション追加画面

ここで「変数」と検索します。

ショートカットで変数を検索

 

「変数を設定」は変数にショートカットを割り当てること。

「変数に追加」はプログラムの「配列」(複数の変数を塊として扱う)です。

 

分からなければそのまま進んでOKです。

それでは早速カスタムレシピを作って行きましょう!

 

 

例:写真と文字をSNSに投稿する

 

流れはこんな感じです。

①:写真を選択

②:文章を入力

③:SNS(Twitter、Facebook、インスタ)に投稿

 

写真と文字を入力してSNSへ投稿するショートカットです。

写真アプリを開く必要がなく、ショートカットだけでいけるので結構便利だと思います。

9月24日現在、Twitterではうまく機能しないので、できるようになり次第追記します。

 

それでは具体的な設定方法です。

 

①:写真を選択

まずは、アプリの「ショートカットを作成」をタップします。

ショートカットアプリの新規作成画面

「アクションを追加」をタップ

ここで「写真を選択」と検索してください。

これで写真を選ぶアクションを追加できます。

ショートカットの写真選択

 

次は青い「+」ボタンをタップしてください。

これで動作をつなげていくことができます。

前回の写真関連の動作が表示されてしまうので右上の「×」をタップしましょう。

 

ショートカットの写真関連動作

ここで「変数」と検索します。

ショートカットで変数を検索

「変数を設定」をタップして追加します。

 

ショートカットで変数を追加

わかりやすいように変数に名前をつけておきます。

変数の名前は「写真」としました。

もう一度「+」ボタンで「変数」と検索し今度は「変数に追加」をタップします。

 

ショートカットの写真2

 

3つのブロックが繋がりましたね。

わかりやすいように変数に名前をつけておきます。

写真を格納する配列名は「投稿内容」としました。

ショートカットの写真追加3

 

これで「①:写真を選択」が完成です。

 

②:文章を入力

このあとは投稿する文章を足していきます。

青い「+」ボタンで「入力を要求」と検索して追加してください。

ショートカットの文章追加1

出てくるメッセージは適当に「投稿を入力してください」にしました。

 

次は「変数を設定」をタップします。

変数の名前は「文章」、入力するのは「入力を要求」(デフォルトでこれになる)です。

 

ショートカットの文字追加2

 

「変数を追加」を追加してください。

ショートカットの文章追加3

 

変数は「文章」、配列は「投稿内容」です。

デフォルトでこれになると思います。

もしならない場合は同じ変数の名前を入力してください。

 

これで「②:文章を入力」が完成です。

 

③:SNSに投稿

最後に投稿するブロックを足しましょう。

Twitter、Instagram、Facebookなど実際に投稿したいSNSを検索してブロックを足しましょう。

ここではFacebookにしました。

ショートカットでfacebook追加

「投稿内容」をFacebookに投稿するブロックです。

「投稿内容」には写真と入力した文字が入っていますので、写真付きの投稿ができます。

これで一連のブロックが完成です。

お疲れさまでした!

9月24日現在、Twitterでは投稿のショートカットがうまく機能しなくなっています。

これはiOS13のアップデートによる影響だと考えられます。

FacebookやInstagramへの投稿は問題なくできます。

Twitterへの投稿機能ができるようになったらまた追記します。

 

デバッグ

いわゆる動作確認です。

もう一度完成したブロックを確認します。

 

ショートカットの完成ブロック1ショートカットの完成ブロック2

 

ブロックがこのように繋がっていればOKです。(全部で7個)

右下の「→」ボタンで動かせますので動作を確認してみてください。

 

ショートカットの動作確認

 

うまく作れていれば、サクサクSNS投稿ができます。

途中で止まったりしてしまう場合は注意点をチェックしてみてください。

 

・「変数を設定」と「変数を追加」ボタンを間違えてないか

・変数の名前が同じになっているか

・変数が赤くなってないか(指定されてない変数だというエラーです)

 

上の写真のようにブロックを組めばできますので、もし上手くいかない場合はチェックポイントを確認してみてくださいね。

 

また、ブロックの意味を整理しておきます。

このショートカットにはブロックが7個ありますが、それぞれのブロックの意味はこうなっています。

ショートカットのブロックの意味

 

このようなブロックの構造はプログラミングそのものです。

ショートカットアプリはプログラムを組んで好きな動作を楽しめる楽しいパズルみたいなものなんです。

 

 

動作ができていれば保存しましょう。

保存するときは名前をつけます。

sns投稿ショートカットの保存

 

このショートカットはSiriで起動することもできます。

例えばショートカットに「Facebook」と名前をつけます。

Siriを起動して「Hey, Siri Facebook!」というとショートカットが起動します。

音声入力が好きな方はこちらが楽でいいですね。

 

保存したショートカットが追加されました。

 

保存ショートカットの追加

 

SNS投稿以外にも便利なショートカットは色々できますので、ぜひ使いこなしてください!

 

 

便利なデフォルト動作を使う

 

ショートカットでは、すでに作ってあるショートカットを使うこともできます。

アプリの下の「ギャラリー」をタップしましょう。

ショートカットのギャラリー

これを押すと公式で作ってあるショートカットが表示されます。

 

ショートカットアプリのギャラリー集

 

便利な例を紹介します。

ギャラリーから見つけて好きなショートカットを入手すれば使えます。

公式のショートカットは入手できますが、個人や第3者が作ったものは入手できない時があります。

そんな時は「設定」から「ショートカット」アプリを選び、

設定からショートカットアプリを選択

「信頼されていないショートカットを有効にする」をONにしてください。

ショートカットの信頼ていないものを有効に

 

これで全部のショートカットが使えるようになります。

 

 

Apple Music自動再生

 

Apple Musicを使っていて、同じアルバムの曲を再生したいときありますよね。

もちろんMusicアプリをひらけば操作可能ですが、

 

・ワンタップまたは1声(Siri)

 

でできるのがショートカットのすごいところ。

こんなショートカットが入手できます。

 

apple musicの自動再生レシピ

 

しかもこのショートカットのブロックをみてみると分かりますが細かい設定ができるんです!

apple musicショートカット設定

 

設定できるのは

・フィルタの追加(アルバム指定、アーティスト指定)

・並び番号変更(タイトル名、アルバム名、トラック番号、ジャンル etc)

・曲数制限(5曲までなど)

・シャッフルの有無

・リピートの有無

 

などめちゃくちゃ多いです。

それぞれのショートカットを分けて作っておけば、ワンタップで色々な音楽再生が可能です。

運動中のBGM、作業用BGMとしてすぐに流すことができますね。

 

Apple Musicは使いやすい音楽アプリで満足感が高いです。

最強のおすすめ無料音楽再生アプリ!バックグラウンド再生でスマホが快適!スマホで音楽アプリを使う機会、増えましたよね。アプリはバックグラウンド再生対応が使い勝手に影響します!無料・有料のおすすめアプリを音楽好きの管理人が項目ごとに徹底解説!...

 

まとめ:オリジナルの便利な動作を作ってみよう

 

ここで紹介したショートカットは一例にすぎません。

他にもたくさんの便利なショートカットがありますのでぜひ探してみてください。

また、「ないものは作る!」とばかりにオリジナルショートカットを作って楽しむのもいいですよね。

ショートカットアプリ、使いこなしてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です