骨伝導イヤホン「OpenComm」レビュー ノイズキャンセリングがすごい

ガジェット大好きでついつい色々買ってしまうシータです。

在宅勤務などで自宅でイヤホンを長時間付ける機会が増えていますね。

骨伝導イヤホンという耳にはめないイヤホンがあり、長い時間つけていても楽です。

AFTERSHOKZ ブルートゥースイヤホン OpenComm BLACKを使ってみました!

OpenCommの外観と付属品

OpenCommの外箱はこんな感じです。

コンパクトにまとまっています。

開封した中身です。

opencomm-box

外箱を開けると、中に黒い箱が1つ入っています。

opencomm-contents-box

黒い箱を開けると付属品が入っています。

opencomm-contents-1

本体と充電ケーブル1本、保証書が入っていました。

付属品はかなりシンプルですね。

保証書に購入日を記載しておけばば、2年間の保証をしてもらえます。

opencomm-contents-3

小さなケースにイヤホンが入っており、ケースをそのまま持ち歩けるようになっています。

外出用にも使えて便利な構成ですね。

早速使ってみます。

OpenCommのレビュー

OpenCommは、ブルートゥースイヤホンです。

まずはブルートゥース接続で手持ちのパソコンにつなぐ必要があります。

音量の「+」ボタンを6秒ほど長押しします。

するとイヤホンの電源が入りペアリング状態になります。

手持ちのパソコンでBluetooth画面を開き、イヤホンが表示されるのを待ちましょう。

opencomm-pairing

「接続」ボタンを押せば、ペアリングが完了します。

あとはYoutubeなどで音楽を流せば、イヤホンから音を聞くことができます。

OpenCommのメリット

OpenCommのメリット

①骨伝導イヤホンなので、耳に負担がかからず優しい

②Bluetoothイヤホンなので接続が楽

③ケースがコンパクトで持ち運びも楽

①骨伝導イヤホンなので、耳に負担がかからず優しい

OpenCommは耳の穴に入れなくても耳付近の骨に近づけることで音が聞こえます。

耳に負担がかからないので長時間利用に向いています。

②Bluetoothイヤホンなので接続が楽

OpenCommはBluetoothイヤホンです。

有線式ではないので接続にケーブルが不要で、本体の充電をしておけばペアリングのみで使えます。

③ケースがコンパクトで持ち運びも楽

OpenCommは、ケースが持ち運びもできるように設計されています。

イヤホン自体もコンパクトですので、持ち運びにもピッタリです。

OpenCommがおすすめの人

OpenCommはこんな方におすすめです。

おすすめの人

耳への負担を減らせる骨伝導イヤホンを使いたい方

・Bluetoothイヤホンにしたい方

OpenCommはBluetoothの骨伝導イヤホンです。

長時間使っても耳へ負担が少ないイヤホンを使いたい方や、Bluetoothのイヤホンを使いたい方にちょうど良いです。

OpenCommまとめ

OpenCommは写真などの保存や、持ち歩き作業用にぴったりです。

手のひらサイズでかさばらないのでとても使いやすいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA